自分の名前でクレジットカードが持てる

独身時代は、自分の意志さえあれば、いくらでもクレジットカードを作るチャンスはありました。
実際、ありがちですが、”付き合い”で作ったカードは2~3枚持ってはいましたが、使うことは1度もありませんでした。
現金主義といえばかっこいいですが、なんとなくクレジットカードって、どうしても浪費してしまうイメージが強かったからかもしれません。
しかし、結婚して専業主婦になってしまうと、逆に欲しいと思ってもなかなか作ることができませんでした。勝手に専業主婦は旦那様の家族カードとしてしか作れないと思い込んでいたのです。
でも、調べてみるとあったんです。しかも、結構専業主婦でも歓迎してくれるような、ハードルの低い審査基準の所ってたくさんあったのです。クレジットカードが早く作れるものを選びました。
…とはいえ、初めて申し込みして審査結果が出るまでは、本当にドキドキして落ち着きませんでした。
そしてめでたく審査を通過し、カードが手元に届いたときは、素直に嬉しかったです。自分の名前でクレジットカードが持てるって、なんとなく社会的信頼があると言われてるような気がして、いいもんです。
しかも、家計が厳しい中、活躍してくれています。現金のように、目に見えて消費している感覚があまりないので、節度はきちんともって利用しないといけませんが、これからもうまく付き合っていけたらと思います。

私は、セールの季節になると服屋さんへ行って買い物をすることが増えます。
この前はデパートの婦人服売り場に行き、気になる服屋で素敵なワンピースと出会いました。
試着をするとサイズ感もちょうどよく、本当に気に入ったので買うことにしました。
その時の支払に利用したものは、現金ではなくクレジットカードです。
服飾品は比較的まとまったお金がかかることも多いですし、特にポイントが貯まらない店では現金で払うよりもクレジットカードを利用して支払った方が得をすることが多いものです。
私は2万円のワンピースを購入したので、200円分クレジットカードのポイントを貯めることが出来ました。
実はその時、財布に2万円もお金が入っていなかったというのもクレジットカードを利用した理由の一つです。
仕事帰りの買い物や、他の買い物でお金を使いこんだ時に欲しいものと出会ってしまったり、お金が財布に入っていない時でも欲しい物を逃さずに済むのはクレジットカードの醍醐味だと思います。クレジットカードを即日発行でつくりましたよ。
クレジットカードがあれば多額の現金をわざわざ持ち運ぶことも無くなりますし、持っている現金の額にとらわれずにショッピングを楽しめるようになるので、買い物の楽しみも広がりました。