カード決済

私がクレジットカードを取得したのは、三年ほど前のことでした。
もともと主人がそのクレジットカードの会員になっており、家族会員として利用を認められたのです。
それ以来、日常のさまざまな局面で活用しています。
ここでクレジットカードを即日発行で出来るものが選べます
これまでの利用で印象に残っているケースは、いくつかあります。その一つは、医療機関での支払いに利用できたことです。
私はあるクリニックで簡単な日帰り手術をしたのですが、思ったよりも費用がかさんでしまいました。
近くにATMもなくて困惑していたところ、窓口の方から「カード払いもできますよ」と教えていただいたのです。
おかげで会計をスムーズに完了することができました。
また、映画館の窓口でそのクレジットカードを提示したところ、割引サービスを受けたこともあります。結果的に、大人一人につき200円も得をしました。
さらに、私は書店でもクレジットカード決済を利用します。読みたい書籍を大人買いすると、どうしても会計金額が大きくなりがちです。
たまたま手持ちの現金が不足していても、クレジットカードで支払いを済ませることができます。
このように、クレジットカードはとても便利なものです。ただし、利用した分は後で銀行口座から引き落とされます。
それを肝に銘じ、計画的に利用するように心がけています。

私は実を言うと、学生時代を終わるまで、クレジットカードの存在を知らなかったに等しいと申し上げたい。それは、社会人になってから、やっと自分の給料をもらうようになってから、夏に同期で一泊旅行に行った時、同期の男性が初めて、「これ、会社入ったら、欲しかったんだ」と見せてくれたのが、彼のクレジットカードだった。最初は、何の事だか、使い方すらわからなかったが、ほどなく、実家の近所に百貨店に入社した人がいて、外商をやってるので、カードを作ってくれないかと言われ、二つ返事で作ったのだった。
クレジットカードは、使うはやすし、払うはかたし、かと思います。洋服や靴など、形ある物に使うのはまだいいけど、飲み食いに使っちゃう傾向は、どうにかしないと思う今日この頃だったりします。
びっくりした話が、ある知人は、旦那さんが借金ばっかりしている人で、奥さんが持っていたゴールドのカードを、旦那さんのビジネスでつぶしてしまった、なんて話も聞いた。いつでも、使う時は、いくらまでなら払えるのか、ちゃんと把握して、計画の範囲内で払うようにしたいものです。自戒を込めて。あ、そういえば、こないだ、ん十万円の指輪、カードのリボで買っちゃったんだっけ!